エントリー

サーバメモ

今年の後半はサーバ関連の勉強をチョロチョロとしていたので、調べた内容のメモ。

割と色々試したつもりだったけど、サーバ運用の基本の基本でしかないという…。

ここに書いていないことは多分知らない(=設定していない)ことなので、「この設定は必須だろう」とかあればツッコミ歓迎です。
「こんなこともwww知らないのwww」
とかツッコミをくれたら、凹みながらこっそり糧にしておきます。

負荷対策のチューニングなどは、頭の中を整理して、色々実験してから加筆したい。

さくらのクラウドは勉強中。GAEはまだ手付かず。メールサーバも手付かず。セキュリティと負荷対策は随時勉強中。

DellのWindowsパソコンを再セットアップ

DellのWindowsパソコン(Studio XPS 8100)を、OSの設定からやり直した時のメモ。Dellは付属のマニュアルが全然更新されないようで、マニュアル通りに進めようとすると「◯◯を選択してください → そんな項目は無い!\(^o^)/」となって詰む。いつかまた必要になるかもしれないので、自分用に手順をメモ。

すべてのデータを削除して最初からセットアップし直すので、あらかじめ必要なデータをバックアップしておきます。

コンピュータの電源を入れ、Dellのロゴが表示されたらF8キーを数回押し、「システム回復オプション」を呼び出す。(コマンドプロンプトの画面で何度か項目の選択操作をしたけど、写真を撮り忘れ…。この時点ではマニュアル通りだったので大丈夫そう。)

20131228a.jpg

「Dell DataSafe 復元と緊急バックアップ」を選択する。(マニュアルには「Dell Factory Image Restore を選択」とあるけど、そんな項目は無い。)

20131228b.jpg

「その他システムバックアップやオプションを選択します」を選択して「次へ」ボタンを押す。(バックアップをしたいわけではないけど、こちらを選ぶ必要がある。「コンピュータを復元し~」を選択すると、復元はできずファイルの保存しかできないみたい。項目が逆?翻訳ミス?謎だ…。)

20131228c.jpg

「コンピュータを復元する」を選択して「次へ」ボタンを押す。

20131228d.jpg

「次へ」ボタンを押す。

20131228e.jpg

「新しいファイルまたは変更されたファイルを保存せずに復元する」を選択して「次へ」ボタンを押す。

20131228f.jpg

「はい、続行します」を選択して「次へ」ボタンを押す。

20131228g.jpg

しばらく待つ。

20131228h.jpg

しばらく待つ。

20131228i.jpg

Windowsのセットアップ画面が表示される。あとは普通にWindowsをセットアップする。

node.jsメモ

PHPでセッションハンドラを自作

PHPは標準機能でセッション管理ができますが、何故かセッション管理のみが正しく動作しないサーバーがあったので、セッションハンドラで対応してみた。

PHPでは標準命令の session_set_save_handler() を使用すれば、セッションを扱う際の挙動を自分で決めることができます。(セッションをMySQLで管理する仕組みを自作したり、など。)

以下はファイルでセッションを管理するサンプル。

<?php

define('SESSION_HANDLER_PATH', dirname(__FILE__) . '/sessions/');
define('SESSION_HANDLER_PREFIX', 'session_');
define('SESSION_HANDLER_EXTENSION', '.log');

if (SESSION_HANDLER_PATH != '') {
  $session_handler_path = SESSION_HANDLER_PATH;
} else {
  $session_handler_path = '';
}

function session_handler_open($save_path, $session_name) {
  global $session_handler_path;

  if ($session_handler_path == '') {
    $session_handler_path = $save_path;
  }

  return true;
}

function session_handler_close() {
  global $session_handler_path;

  return true;
}

function session_handler_read($session_id) {
  global $session_handler_path;

  $file = $session_handler_path . SESSION_HANDLER_PREFIX . $session_id . SESSION_HANDLER_EXTENSION;

  if (file_exists($file)) {
    return file_get_contents($file);
  } else {
    return null;
  }
}

function session_handler_write($session_id, $data) {
  global $session_handler_path;

  $file = $session_handler_path . SESSION_HANDLER_PREFIX . $session_id . SESSION_HANDLER_EXTENSION;

  return file_put_contents($file, $data);
}

function session_handler_destroy($session_id) {
  global $session_handler_path;

  $file = $session_handler_path . SESSION_HANDLER_PREFIX . $session_id . SESSION_HANDLER_EXTENSION;

  unlink($file);

  return true;
}

function session_handler_gc($lifetime) {
  global $session_handler_path;

  if ($dir = scandir($session_handler_path)) {
    foreach ($dir as $entry) {
      if (is_file($session_handler_path . $entry) and preg_match('/^' . preg_quote(SESSION_HANDLER_PREFIX, '/') . '\w+' . preg_quote(SESSION_HANDLER_EXTENSION, '/') . '$/i', $entry) and time() - filemtime($session_handler_path . $entry) > $lifetime) {
        unlink($session_handler_path . $entry);
      }
    }
  }

  return true;
}

session_set_save_handler(
  'session_handler_open',
  'session_handler_close',
  'session_handler_read',
  'session_handler_write',
  'session_handler_destroy',
  'session_handler_gc'
);

?>

上のコードを一例ですが session_handler.php という名前で保存し、同じディレクトリ内に sessions というディレクトリを作成します。この中にセッションの情報が保存されます。

session_set_save_handler() 関数によって、「セッションを開始した時は session_handler_open() が呼ばれる」「セッションを保存する時は session_handler_write() が呼ばれる」のような設定を行っています。

以降は、以下のコードで自作のセッション管理を利用できます。

<?php

include_once('session_handler.php');
session_start();

if (isset($_SESSION['count'])) {
  $_SESSION['count']++;
} else {
  $_SESSION['count'] = 1;
}

?>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>サンプル</title>
</head>
<body>
<?php

echo $_SESSION['count'] . '回目のアクセスです。';

?>
</body>
</html>

include_once('session_handler.php'); でファイルを読み込む以外は、ごく普通のセッション利用サンプルです。

急きょ書いたコードなので変な箇所があるかもしれません。また、名前の重複を避けるためにもクラス化した方が良かったかも。と思っていたら、公式サイトにクラスのサンプルがあった…。またそのうち調べる予定。

XAMPPでPythonを動作させるメモ

Pythonをインストールした際のメモ。

参考サイト

メモ

  • ざっと見たところ、まだバージョン3は広く使われていないように思ったので、今回はバージョン2(2.7.6)をインストールした。
  • 今回のインストール先はWindows7の64ビット版だけど、Pythonの64ビット版は一般的に使われるモジュールが64ビットに対応していなかったり…があるらしいので、32ビット版をインストールした。
  • CGIプログラムとして実行するために、httpd.confAddHandler.py を追加した。

データベースを使う

PythonからMySQLを使ってみる。MySQLに接続するためのドライバはたくさんあるけど、定番(のように思う)の MySQL for Python を使ってみる。

MySQL-python-1.2.4b4.win32-py2.7.exe をダウンロードして実行するだけでインストールされる。以下はMySQLへの接続例。

#!/python/python
# coding: UTF-8

import MySQLdb

con = MySQLdb.connect(host='127.0.0.1', db='dbname', user='username', passwd='password', charset='utf8')
cur = con.cursor(MySQLdb.cursors.DictCursor)
cur.execute('SET NAMES utf8')

print 'Content-Type: text/html'
print ''

print '<!DOCTYPE html>'
print '<html>'
print '<head>'
print '<meta charset="utf-8" />'
print '<title>MySQL</title>'
print '</head>'
print '<body>'

cur.execute('SELECT id, name FROM members LIMIT 10')

result = cur.fetchall()

for row in result:
  print '<hr />'
  print 'id=' + str(row['id'])
  print 'name=' + str(row['name'].encode('UTF-8'))

cur.close()
con.close()

print '</body>'
print '</html>'
  • localhost で接続しようとすると Can't connect to MySQL server on 'localhost' のエラーになった。IPアドレスなら接続できた。
  • MySQLdb.cursors.DictCursor を指定することにより、ディクショナリ形式で値を取得できる。

フレームワークを使う

1ファイルで構成されている軽量フレームワーク、Bottleを使ってみる。

Bottleをダウンロードすると含まれている bottle.py を適当な場所にコピーする。

同じ場所に hello.py を作成し、以下のコードを記述する。

from bottle import route, run

@route('/hello')
def hello():
  return 'Hello World!'

run(host='localhost', port=8080, debug=True)

コマンドプロンプトから python hello.py と入力すると、8080 でサーバーが起動する。ブラウザソフトから http://localhost:8080/hello にアクセスし、Hello World! と表示されれば成功。

CGIとして動作させる場合、以下のように記述する。

#!/python/python
# coding: UTF-8

import bottle
from bottle import route, run

@route('/hello')
def hello():
  return 'Hello World!'

run(server=bottle.CGIServer)

ブラウザソフトから hello.py/hello にアクセスし、Hello World! と表示されれば成功。この方法なら、ロリポサーバーなどでも手軽に使える予感。

MySQLを扱う場合、Bottle-MySQLプラグインを使用する。(プラグイン内部では、前述の MySQL for Python が呼び出されている。)

bottle.py と同じ場所に bottle_mysql.py を配置すれば、以下のコードでMySQLに接続できる。

#!/python/python
# coding: UTF-8

import bottle
import bottle_mysql

from bottle import route, run

mysql_plugin = bottle_mysql.Plugin(dbhost='127.0.0.1', dbuser='root', dbpass='1234', dbname='test')
bottle.install(mysql_plugin)

@route('/')
def show(db):
  db.execute('SELECT id, name FROM members LIMIT 10')
  result = db.fetchall()
  view = ''
  for row in result:
    view += '<hr />'
    view += 'id=' + str(row['id'])
    view += 'name=' + str(row['name'].encode('UTF-8'))
  return view

run(server=bottle.CGIServer)

PostgreSQLメモ

テーブルを扱うためのメモ。

SQLでテーブル一覧を表示

SELECT
  pg_class.relname AS relname
FROM
  pg_class INNER JOIN pg_namespace
ON
  pg_class.relnamespace = pg_namespace.oid
WHERE
  pg_class.relkind = 'r' AND pg_namespace.nspname = 'public';

SQLでテーブル仕様を表示

SELECT
  column_name, data_type, is_nullable
FROM
  information_schema.columns
WHERE
  table_schema = 'public' AND table_name = 'テーブル名';

SQLでテーブル作成コードを表示

SELECT
  CASE
    WHEN tb.relkind = 'r' THEN(
      SELECT 'CREATE TABLE "テーブル名"(' || chr(10) || array_to_string(
        ARRAY(
          SELECT ' "' || "Column" || '" '|| "Type" || "Modifiers" || "Index" FROM(
            /* Column */
            SELECT
              at.attnum, ns.nspname AS schema, tb.relname AS table, at.attname AS "Column",
              /* Type */
              CASE
                WHEN at.attinhcount <> 0 OR at.attisdropped THEN null
                ELSE
                  CASE
                    WHEN tp.typname = 'int2'   THEN 'SMALLINT'
                    WHEN tp.typname = 'int4'   THEN 'INTEGER'
                    WHEN tp.typname = 'int8'   THEN 'BIGINT'
                    WHEN tp.typname = 'float4' THEN 'REAL'
                    WHEN tp.typname = 'float8' THEN 'DOUBLE PRECISION'
                    WHEN tp.typname = 'bpchar' THEN 'CHAR'
                    ELSE UPPER(tp.typname)
                  END ||
                  CASE
                    WHEN at.attlen >= 0             THEN ''
                    WHEN at.atttypmod < 4           THEN ''
                    WHEN tp.typname <> 'numeric'    THEN '(' || at.atttypmod - 4 || ')'
                    WHEN (at.atttypmod & 65535) = 4 THEN '(' || (at.atttypmod >> 16) || ')'
                    ELSE '(' || (at.atttypmod >> 16) || ',' || (at.atttypmod & 65535) - 4 || ')'
                  END
              END AS "Type",
              /* Modifiers */
              CASE
                WHEN at.attnotnull THEN ' NOT NULL'
                ELSE ''
              END ||
              CASE
                WHEN ad.adbin IS NULL THEN ''
                ELSE ' DEFAULT ' || UPPER(pg_get_expr(ad.adbin, tb.oid))
              END AS "Modifiers",
              /* one-column Index */
              CASE
                WHEN ix.indexrelid IS NULL THEN ''
                ELSE
                  CASE
                    WHEN ix.indisprimary THEN ' PRIMARY KEY'
                    WHEN ix.indisunique  THEN ' UNIQUE'
                    ELSE ''
                  END
              END AS "Index"
            FROM
              pg_attribute at
              INNER JOIN pg_type tp ON at.atttypid = tp.oid
              LEFT OUTER JOIN pg_attrdef ad ON ad.adrelid = tb.oid AND ad.adnum = at.attnum
              LEFT OUTER JOIN pg_index ix ON ix.indrelid = tb.oid AND ix.indnatts = 1 AND at.attnum = ix.indkey[0]
              LEFT OUTER JOIN pg_class ic ON ix.indexrelid = ic.oid
              LEFT OUTER JOIN pg_am    am ON ic.relam = am.oid
            WHERE
              tb.oid = at.attrelid AND at.attnum >= 1
          ) AS columns ORDER BY attnum
        ), ',' || chr(10)
      )
      ||
      (
        SELECT
          CASE
            WHEN COUNT(*) = 0 THEN ''
            ELSE ',' || chr(10) || ' ' || array_to_string(
              ARRAY(
                SELECT
                  CASE
                    WHEN indisprimary THEN 'PRIMARY KEY '
                    ELSE 'UNIQUE '
                  END
                  || substr(indexdef, strpos(indexdef, '('), strpos(indexdef, ')') - strpos(indexdef, '(') + 1) || ' /* '||index||' */'
                FROM
                (
                  SELECT
                    ic.relname AS index, ns.nspname AS schema, tb.relname AS table --, ia.attname, ia.attnum
                    , ix.indnatts, ix.indisunique, ix.indisprimary, am.amname
                    , ix.indkey
                    , pg_get_indexdef(ic.oid) AS indexdef
                  FROM
                    pg_index ix
                    INNER JOIN pg_class ic ON ix.indexrelid = ic.oid
                    INNER JOIN pg_am    am ON ic.relam = am.oid
                  WHERE
                    ix.indrelid = tb.oid AND ix.indnatts > 1 AND (ix.indisprimary OR ix.indisunique)
                ) AS def ORDER BY indisprimary desc, index
              ), ','||chr(10)
            )
          END
        FROM
          pg_index ix
        WHERE
          ix.indrelid = tb.oid AND ix.indnatts > 1 AND (ix.indisprimary OR ix.indisunique)
      ) || chr(10) || ')'
    )
    END
FROM
  pg_class tb INNER JOIN pg_namespace ns ON tb.relnamespace = ns.oid
WHERE
  tb.relname = 'テーブル名'

コマンドラインでデータベースの内容をエクスポート

pg_dump -U postgres -d データベース名 > C:\~エクスポート先~\任意のファイル名.sql

コマンドラインでデータベースの内容をインポート

psql -U postgres -d データベース名 -f C:\~インポート元~\インポートするファイル

PHPでデータベースの内容をエクスポート

putenv('PGHOST=ホスト名');
putenv('PGPORT=ポート番号');
putenv('PGUSER=ユーザー名');
putenv('PGPASSWORD=パスワード');
putenv('PGDATABASE=データベース名');
print('<pre>');
passthru('"C:\\postgresql\\bin\\pg_dump.exe" -i --inserts');
print('</pre>');
exit;

FlashCCでiPhoneアプリを作成した時のメモ

Androidアプリは普通に書き出してインストールして簡単に完了したけど、iPhoneアプリはとても大変だったので参考にしたページをメモ。

FlashではじめてiPhoneアプリを作りました
まったく何も解らないとき読んで、Flash + Air でのiPhoneアプリ開発の概要をつかむことができた。
iPhoneアプリの開発方法 for Flash Professional CS5
FlashCCで作ったけど、今でも十分参考になった。ただ、iOS Devloper Program の構成がところどころ変わっていて戸惑った。
iOS Developer Programに登録しようと思ったらググッて出てくる情報は色々古かったので手順を書きとめる【2012年12月版】
iOS Developer Program への登録は難関なので心強かった。
日本のApple StoreでiOS Developer Programを購入しActivateするまでの全スクリーンショット
普通に進めてもアクティベートできなかったけど、その点が書かれていて参考になった。ただ、今はエラー画面に「We have received your purchase information and will email you shortly to verify additional details.」と書かれていて、しばらく待てばAppleからメールが送られてきた。アクティベートできなかったのは、「漢字」と指定された欄に漢字を入力したからだった。

FlashCCでデスクトップガジェットを作成するメモ

ActionScript3 + Air で、Windowsのデスクトップに置いておけるガジェットを作成するメモ。以下のようなガジェットを作成できます。

20130929.png

基本的には普通のFlashと同じ手順で作れるけど、

  • タスクバーに表示されない、不定形ウインドウで表示する
  • ステータスバーが無いので、アプリ自体をドラッグで移動&ダブルクリックで終了する
  • OSの起動時、ガジェットも自動的に起動する
  • 表示位置は前回終了時を記憶する

のような仕様にしようとしたら、それなりにコードを書く必要があったのでメモ。

普通にウインドウを表示するとタスクバーに表示されるので、その対策にウインドウ非表示で起動して、ActionScriptからNativeWindowクラスで新しくウインドウを開く。Main というクラスでムービークリップを作成して、それをActionScriptで新しいウインドウに配置する。…としています。

スタートアップへの登録は専用の命令で可能。表示位置の記憶はSharedObjectを使用。

具体的には、「ファイル → AIR 3.6 for Desktop 設定 → 詳細 → 初期ウインドウ設定」で「最大化を有効にする」「最小化を有効にする」「リサイズを有効にする」「起動後に表示する」のチェックを外した上で、以下のActionScriptでウインドウを表示する。

//アプリのデータを復元
var sharedObject:SharedObject = SharedObject.getLocal('App');

var appX:int = 100;
var appY:int = 100;
if (sharedObject.data.x) {
  appX = sharedObject.data.x;
}
if (sharedObject.data.y) {
  appY = sharedObject.data.y;
}

//スタートアップに登録
if (sharedObject.data.startup != true) {
  NativeApplication.nativeApplication.startAtLogin = true;
}

//ウインドウを開く
var initOptions:NativeWindowInitOptions = new NativeWindowInitOptions();
initOptions.transparent  = true;
initOptions.systemChrome = NativeWindowSystemChrome.NONE;
initOptions.type         = NativeWindowType.LIGHTWEIGHT;

var mainWindow:NativeWindow = new NativeWindow(initOptions);
mainWindow.stage.scaleMode   = StageScaleMode.NO_SCALE;
mainWindow.stage.align       = StageAlign.TOP_LEFT;
mainWindow.stage.stageWidth  = this.stage.stageWidth;
mainWindow.stage.stageHeight = this.stage.stageHeight;
mainWindow.x                 = appX;
mainWindow.y                 = appY;

mainWindow.activate();

//メインのMCを配置
var m:Main = new Main();
m.x = Math.floor(m.width / 2);
m.y = Math.floor(m.height / 2);

mainWindow.stage.addChild(m);

//移動処理
m.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, mouseDownToMove);
function mouseDownToMove(event:Event):void
{
  mainWindow.startMove();
}

//終了処理
m.doubleClickEnabled = true;
m.addEventListener(MouseEvent.DOUBLE_CLICK, doubleClickToExit);
function doubleClickToExit(event:MouseEvent):void
{
  closeWindow();
}
mainWindow.addEventListener(Event.CLOSING, closingToExit);
function closingToExit(event:Event):void
{
  closeWindow();
}
function closeWindow():void
{
  //アプリのデータを記録
  var sharedObject:SharedObject = SharedObject.getLocal('App');
  sharedObject.data.startup = true;
  sharedObject.data.x       = mainWindow.x;
  sharedObject.data.y       = mainWindow.y;
  sharedObject.flush();

  //終了
  NativeApplication.nativeApplication.exit();
}

this.stop();

Mainムービークリップの内容は、基本的には普通のFlashと同じ要領で作れます。

まだまだ勉強中なので、ツッコミ歓迎…。_(:3 」∠ )_

WindowsのXAMPPにPostgreSQLを導入するメモ

PostgreSQLを導入してみたので、忘れないうちにメモ。

主な参考サイト

トラブル

PHPからPostgreSQLに接続する際、以下のようなエラーになった。

Call to undefined function pg_connect()

php.iniphp_pdo_pgsql.dllphp_pgsql.dll を有効にする必要がある。それでもダメなら、Windowsの環境変数にPHPへのパス(C:\xampp\php など)を書き込めば回避できるみたい。

コマンドプロンプトからの操作例

#ユーザー名を指定してPostgreSQLにログイン
psql -U postgres

#ユーザー名とデータベースを指定してPostgreSQLにログイン
psql -U postgres -d test

#データベース作成
CREATE DATABASE test;

#データベース一覧
¥l

#データベース選択
¥c test

#テーブル作成
CREATE TABLE sample1(
  id   integer,
  name text
);

#テーブル一覧
\dt

#テーブル定義確認
\d sample1

#SQLを発行
INSERT INTO sample1 VALUES(2, 'test2');
SELECT * FROM sample1;

PHPからの、pg_connect()での接続例

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>テスト</title>
</head>
<body>
<?php

$con = pg_connect('host=localhost dbname=test user=postgres password=1234');
if (!$con) {
  exit('データベースに接続できませんでした。');
}

$result = pg_query($con, 'SELECT * FROM sample1');
while ($data = pg_fetch_array($result)) {
  echo '<p>' . $data['id'] . ':' . $data['name'] . "</p>\n";
}

$con = pg_close($con);
if (!$con) {
  exit('データベースとの接続を閉じられませんでした。');
}

?>
</body>
</html>

PHPからの、PDOでの接続例

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>テスト</title>
</head>
<body>
<?php

try {
  $pdo = new PDO('pgsql:dbname=test;host=localhost', 'postgres', '1234');
} catch (PDOException $e) {
  exit('データベースに接続できませんでした。' . $e->getMessage());
}

$stmt = $pdo->query('SELECT * FROM sample1');
if (!$stmt) {
  $info = $pdo->errorInfo();

  exit($info[2]);
}

while ($data = $stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)) {
  echo '<p>' . $data['id'] . ':' . $data['name'] . "</p>\n";
}

$pdo = null;

?>
</body>
</html>

フレームワーク

オレオレフレームワークを作る機会があったので置いておきます。

本格的なフレームワークを導入するほどの規模ではないが、それなりに多機能なのである程度の処理は任せたい。今更PHP4に対応させる必要があるが、PHP5でも動作させる必要がある。本番環境のテストが公開直前までできないので、ひととおり内部を見渡せる軽量なフレームワークが好ましい。ついでに、簡易なデータベース管理ツールも欲しい。

…という場合に役に立つかもしれません。というか、そんなことがあったために自作することにした。_(:3 」∠ )_

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

過去ログ表示フォーム
キーワード

Feed