■目次
インストール設定
■インストール
https://atom.io/ から AtomSetup.exe をダウンロードして実行。 http://www.aqua-exp.com/entry/how-to-Atom https://blog.codecamp.jp/atom_utility ■インストールトラブル Atom再インストール時、インストール自体に失敗した。 エラーログに「atom packages\RELEASES の一部が見つかりませんでした。」のように表示されている。 過去の設定をすべて削除し、AtomのZIPを直接入手して起動した。 (ただしこの場合、Atomの自動アップデートはされない?) http://qiita.com/kisato/items/77671f382b22b93c60d0 https://github.com/atom/atom/tags https://github.com/atom/atom/releases/tag/v1.7.4 http://prpr.hatenablog.jp/entry/2015/04/15/Windows%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%AEAtom%E3%82%92%E5%AE%8C%... http://qiita.com/masa_36/items/c800185174bd77526a7d 2016-05-03 20:03:46> Program: Starting Squirrel Updater: --install . 2016-05-03 20:03:46> Program: Starting install, writing to C:\Users\Yamano\AppData\Local\SquirrelTemp 2016-05-03 20:03:46> Program: About to install to: C:\Users\Yamano\AppData\Local\atom 2016-05-03 20:03:46> CheckForUpdateImpl: Failed to load local releases, starting from scratch: System.IO.DirectoryNotFoundException: パス 'C:\Users\Yamano\AppData\Local\atom\packages\RELEASES' の一部が見つかりませんでした。 場所 System.IO.__Error.WinIOError(Int32 errorCode, String maybeFullPath) 場所 System.IO.FileStream.Init(String path, FileMode mode, FileAccess access, Int32 rights, Boolean useRights, FileShare share, Int32 bufferSize, FileOptions options, SECURITY_ATTRIBUTES secAttrs, String msgPath, Boolean bFromProxy, Boolean useLongPath, Boolean checkHost) 場所 System.IO.FileStream..ctor(String path, FileMode mode, FileAccess access, FileShare share) 場所 Squirrel.Utility.LoadLocalReleases(String localReleaseFile) 場所 Squirrel.UpdateManager.CheckForUpdateImpl.<CheckForUpdate>d__3f.MoveNext() 1年ほど使ってから最新版をインストールしたとき、インストーラーから普通にインストールできた インストーラーのファイル名が AtomSetup.exe から AtomSetup-x64.exe に変わっているが、64bit専用インストーラーになった影響? ただし、以下の内容をもとに初期化しないと、余計なデータが残っているようだった http://prpr.hatenablog.jp/entry/2015/04/15/Windows%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%AEAtom%E3%82%92%E5%AE%8C%... この手順で初期化しても、最初Atomの設定画面を開いたときに 「Previous automatically saved project state detected」 というダイアログが表示された。原因不明だが、無視して設定を行うと表示されなくなった ■利用トラブル Atomでファイルを編集してそのまま開いていると、SourceTreeでブランチを切り替えたりマージしたり…に失敗するみたい
■設定
メニューの[File → Settings → Install」から以下のパッケージをインストール japanese-menu project-manager show-ideographic-space symbols-tree-view sublime-style-column-selection minimap minimap-autohide highlight-selected minimap-highlight-selected pigments minimap-pigments 環境設定 コア設定 起動時に新規エディタを開く OFF エディタ設定 最終行を超えてスクロール ON 不可視文字を表示 ON Ctrlスクロールでフォントサイズを変える OFF パッケージ コアパッケージ「Whitespace」を無効 (git管理下で他の人が作成したファイルを編集する場合、余計な空白が自動削除される、差分が多く発生するため) 参考 http://qiita.com/snowsunny/items/f40c3291a580f3215797 ■シンタックスカラー設定 デフォルトのテーマは「インターフェーステーマ」「シンタックステーマ」ともに「One Dark」となっている。 コメントと不可視文字を判別しづらいので、独自スタイルを定義した。 環境設定 → テーマ → スタイルシート編集
/********* 以下独自設定 *******************************************************/ //コメント atom-text-editor::shadow { .comment { color: #888888; font-style: normal; } .punctuation { &.definition { &.comment { color: #888888; } } } } //不可視文字 atom-text-editor::shadow { @invisible-color: #666666; .indent-guide, .invisible-character { color: @invisible-color; } //「show-ideographic-space」で表示させている全角スペースも同様に .highlight.ideographic-space { .region:after { color: @invisible-color; } } }