■目次
Yahoo! ID 取得ローカル環境でOAuth認証の取り消し
■Yahoo! ID 取得
開発者様向けページ http://developer.yahoo.co.jp/yconnect/ 1. Yahoo! JAPAN IDを取得 2. アプリケーションIDを登録 アプリケーションの種類: サーバーサイド アプリケーション名: Yahoo! ID連携サンプル サイトURL: http://refirio.org/ アプリケーションの説明: Yahoo! IDの連携サンプル。 利用するスコープ: (選択せず) ↑この内容で登録すると↓のIDが発行された ・アプリケーションID ・シークレット ショッピング商品検索APIを呼び出して、有効なIDであることを確認する http://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch?appid=dj0zaiZpPTUxdHZUcnozSmRaaSZzPWNv... ※アプリケーションIDは1つのYahoo! JAPAN IDに対して10個まで発行できる 「アプリケーションの詳細」で「コールバックURL」を登録する http://refirio.org/memos/yahoo/auth/callback.php 3. APIから値を取得する デベロッパーネットワーク http://developer.yahoo.co.jp/yconnect/server_app/explicit/ Yahoo連携!SDKを使わずにOAuth2でアクセストークン取得する/PHP http://memories.zal.jp/WP/blog/20150726_2655.html サンプル(プロフィールを取得) http://refirio.org/memos/yahoo/auth/
■ローカル環境でOAuth
https://developer.yahoo.co.jp/yconnect/ にアクセス ・「アプリケーションの管理」を選択 ・対象のアプリの「編集」をクリック ・「コールバックURL」にローカルのURLを入力(「http://localhost/~test/yahoo/」など。)
■認証の取り消し
https://accounts.yahoo.co.jp/privacy/ の「各アプリケーションでのデータ利用」から refirio.org を無効にすると、再度新規に認証ができる