戻る
■AWSに登録
※住所や会社名は英語で入力する必要がある。日本語で入力するとエラーになるので気づくことはできる 手順中に本人確認の認証があるが、Softbankの携帯番号でSMS認証して大丈夫だった ※アカウント作成の時点でクレジットカードが必要になる ※メール送信のための制限緩和申請は、クレジットカードでの実際の支払いが発生するまでは非常に厳しい可能性がある それ以外の申請も予期せず時間がかかる可能性があるので、アカウント開設とサーバ構築作業は早めに行っておく AWS http://aws.amazon.com/jp/ アカウントの作成&作成の流れ http://aws.amazon.com/jp/register-flow/ コンソール https://console.aws.amazon.com/console/home ※アカウント作成直後は、デフォルトではオハイオにインスタンスが作られる 作業を始めるときは、東京リージョン(もしくは使用したいリージョン)に切り替えてから行う必要があるので注意 以下、アカウントを新規作成したときの作業メモ 登録内容はあくまでも一例なので、必要に応じて変更する □AWSにサインアップ ルートユーザーのEメールアドレス: (複数のAWSアカウントを持つ可能性があるので、専用にメールアドレスを作成しておくといい) AWSアカウント名: (案件内容を把握できる任意の文字列を半角英数字で) rootユーザーパスワード: (任意の文字列) ※AWSアカウント名は後から変更できる 一般的な名前だと重複することがあるので、「refirio-project」など接尾語を付けるなどするといいかも 「続行」ボタンをクリック □連絡先情報 AWS はどのように使用されますか?: ビジネス(法人でアカウントを作成する場合) フルネーム: (AWSアカウント名と同じ値が初期値になるので、特に理由がなければそのままでいい) 組織名: (会社名を英語で) 電話番号: (会社電話番号) 国または地域コード: 日本 住所: (会社住所を英語で) 市区町村: (会社市区町村を英語で) 州/都道府県または地域: (会社都道府県を英語で) 郵便番号: (会社電郵便番号) 「アカウントを作成して実行」ボタンをクリック □支払情報 クレジットカード情報を入力 「請求先住所」は「連絡先住所を使用する」のまま 「確認して次へ」ボタンをクリック □本人確認 検証コードの受け取り方法: テキストメッセージ (SMS) 国またはリージョンコード: 日本(+81) 携帯電話番号: 有効な番号を入力する 「SMSを送信する」ボタンをクリック 携帯電話番号にコードが届くので入力する 「続行」ボタンをクリック □サポートプランの選択 無料のベーシックプランを選択 「サインアップを完了」ボタンをクリック 「コンソールにサインイン」ボタンからサインインを試す