戻る
■ECR+ECS+Codeシリーズで自動デプロイ: 環境を削除
Secrets Manager → dev/Container-Test-RDS/Mysql → アクション → シークレットを削除する からシークレットを削除(即座に削除は完了しない。最低7日間は情報が残されている) RDS → データベース から「container-test」を削除 RDS → パラメータグループ から「container-test」を削除 CodePipeline → パイプライン → パイプライン から「Container-Test」を削除 CodeBuild → ビルドプロジェクト → ビルドプロジェクト から「Container-Test」を削除 Elastic Container Registry → リポジトリ から、不要になったリポジトリがあれば削除しておく Cloud9 → Your environments から、不要になったCloud9を削除 CloudWatch → ログ → ロググループ から「/ecs/Container-Test-Task」を削除 以降は「Amazon Elastic Container Service(Amazon ECS)」の「環境の削除」の手順で削除 (ターゲットグループはいくつも作成しているので、ECS用に作ったものはすべて削除する)