■目次
無料SSLを設定するHTTPからHTTPSにリダイレクトするメールアドレス変更する・受信したメールをすべて削除するSPFレコードを設定する
■無料SSLを設定する
独自SSL(無料)のお申込み・設定方法 / セキュリティ / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ! https://lolipop.jp/manual/user/ssl-free-order/ こだわりが無ければ「独自SSL(無料)」でいい ユーザー専用ページの「セキュリティ → 独自SSL証明書導入」から設定できる 「独自SSL(無料)」項目でSSLを導入したいURLにチェックを入れ、「独自SSL(無料)を設定する」をクリックする 「SSL保護無効」という表示が「SSL設定作業中」に変わる 5分程度待つと「SSL保護有効」に変わるので、SSLでのアクセスを確認する
■HTTPからHTTPSにリダイレクトする
5分でロリポップ!を無料SSL化する手順 - Qiita https://qiita.com/Coolucky/items/7b628b7ae6d7278dc963 <IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteBase / RewriteCond %{HTTPS} off RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L,NE] </IfModule>
■メールアドレス変更する・受信したメールをすべて削除する
Logwatchのレポートを受け取っているだけのメールアドレスがいっぱいになった(server_log) メールアカウントを server_log から server_log_20220113 などに変更して新たに server_log を作ろうと思ったが、 メールアカウント名の変更には対応していないみたい 過去のメールを一括削除できないかと思ったが、これも対応していない ロリポップ(レンタルサーバー)でメールボックスの容量が一杯になった時の対処法 | 伊東制作所 https://www.itocc.com/blog/lolipop-mail-delete/ ロリポップ(レンタルサーバー)でメールボックスが埋まった場合 - 全削除は不可? https://hdd-check.com/post-20502.html 今回は ・今日の日付をもとに server_log_20220113 を作り、 ・server_log のメールアドレスを削除してから新規に作成し、 ・server_log から server_log_20220113 に転送設定を入れたうえで server_log には残さない という対応にした これなら各サーバのメール送信先を変更する必要は無いし、 次回いっぱいになっても server_log_20270204 とかそのときの日付でメールアドレスを作って、server_log からの転送先を変更するだけで対応できる
■SPFレコードを設定する
SPFレコードとして例えば以下を設定している場合、 "v=spf1 ip4:203.0.113.1 ip4:203.0.113.1 ~all" 以下のように「include:_spf.lolipop.jp」を追加することで、 ロリポップSMTPでのメール送信に対応できる "v=spf1 ip4:203.0.113.1 ip4:203.0.113.1 include:_spf.lolipop.jp ~all" SPFレコードに加えてTXTレコードにも同じものを設定することが多いが、 その場合はTXTレコードも同様に調整する SPFのしくみとSPFレコードの設定方法について解説します│教えて!レンタルサーバーのこと - ロリポップ!レンタルサーバー https://lolipop.jp/media/what-is-an-spf-record/