■目次
インストール基本操作
■インストール
GIMP - GNU Image Manipulation Program https://www.gimp.org/ 【2019年版】無料で使える画像編集ソフト・GIMP(ギンプ、ジンプ)の使い方|ferret https://ferret-plus.com/8107 GIMPのページ上部にある「DOWNLOAD 2.10.22」ボタンをクリック 「Download GIMP 2.10.22 directly」ボタンをクリックしてファイルを保存 インストーラーに従ってインストールを行う (インストーラーの言語に日本語は無いが、GIMP自体は日本語化されている) 特に何か変更する必要は無い 完了したら「Finish」ボタンを押して閉じる 以下にGIMPのショートカットが作成されているので、ここから起動できる 必要に応じて、デスクトップにコピーしておくといい C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
■基本操作
【2019年版】無料で使える画像編集ソフト・GIMP(ギンプ、ジンプ)の使い方|ferret https://ferret-plus.com/8107 ■画面の拡大縮小 画面下に「33%」などと表示されているところで、拡大率を変更できる ■画面の移動 スペースを押しながらマウスを移動させると、画像が移動する ■ガイドの配置 ルーラーからドラッグするとガイドを配置できる ガイドは移動ツールで移動でき、画面外にドラッグすると削除できる ■切り抜き ツールから「切り抜き」を選択し、画面をドラッグで選択し、Enterで決定できる あらかじめガイドを引いておくと作業しやすい 必要に応じて、拡大しながら作業するといい ■キャンバスを画像にフィット GIMP 切り抜いた画像に合わせてキャンバス・レイヤーサイズを変えてみよう https://gazocustomize.com/gimp-croppedimage-resize/ メニューから「画像 → 内容で切り抜き」を実行する ■キャンバスサイズの変更 メニューから「画像 → キャンバスサイズの変更」を実行する 「キャンバスサイズ」でサイズを指定し、さらに「オフセット」で位置を指定する 実行するとキャンバスとレイヤーのサイズが異る状態になるので、 メニューから「レイヤー → レイヤーをキャンバスに合わせる」を実行する ■明るさ調整 メニューから「色 → 明るさ・コントラスト」を実行する ■トーンカーブ調整 メニューから「色 → トーンカーブ」を実行する ■テキスト入力 ツールから「テキスト」を選択し、画像上に入力する ツールから「移動」を選択肢、テキストをドラッグして移動できる フォントを変更したい場合、ツール下の「テキスト」部分で「Aa」のアイコンをクリックして選択する ■画像の拡大縮小 メニューから「画像 → 画像の拡大・縮小」を実行する ■サイズ変更&移動ができる矩形を描画 ※GIMPでは本来対応していない機能なので、苦肉の策の対応方法 角丸や多角形は対応が難しいかもしれない 矩形描画は別のソフトを使うべきかもしれないが、それはそれで手間がかかる 「新しいレイヤー」を作成 以下を入力 レイヤー名: 矩形 幅: 100 高さ: 100 塗りつぶし色: Foreground (塗りつぶしたい色) 「OK」をクリック 矩形を移動したければ、レイヤーを移動させる 矩形のサイズを変更したければ、レイヤーを右クリックして「レイヤーの拡大・縮小」からサイズを変更する 矩形を透過させたければ、レイヤーの不透明度を変更する 矩形を複製したければ、レイヤーを複製する ■要素の移動 メニューから「ツール → 変形 → 移動」を実行する もしくはツールから「移動」を選択する 「機能の切り替え」で「アクティブなレイヤーを移動」にチェックを入れておく方が、移動しやすいように思う ■保存 GIMPでJPEGとして保存する方法 デイヴィスメディアデザイン https://daviesmediadesign.com/ja/how-to-save-as-jpeg-in-gimp/ メニューから「ファイル → 名前を付けて保存」だと、xcf形式での保存となる(GIMPネイティブの形式) メニューから「ファイル → 名前を付けてスクスポート」を選択するといい 保存する名前の拡張子に従って、「エクスポート」を押した後のダイアログが変わる 例えば「xxx.png」ならインターレースの設定が、例えば「xxx.jpg」なら品質の設定などが表示される ■psdファイル psdファイルを開くことができたが、表示がおかしい? HTMLコーディング目的なら、pngなどにしたものを開く方が無難そう